ブログ

2019.10.15

血管脂肪腫(lipoma)の摘出 ~大阪梅田形成外科粉瘤クリニック~

脂肪腫(lipoma)

 

脂肪腫は間葉系良性腫瘍に分類され、その中で最も多い腫瘍の一つです。

脂肪のあるところにはどこにでも出来る可能性があります。その中でも、後

頚部、肩甲骨部、背部、大腿部、上腕部などによく出来ます。

それぞれの場所で腫瘍の取りやすさは違うため、手術にはそれなりの経験が必要になります。

前額部の脂肪腫は前頭筋の下にある場合が多く、特に注意が必要になります。慣れずに手術してしまうと、腫瘍を見失い、出血が多くなってしまう場合もあるため注意が必要です。

また血管脂肪腫(angiolipoma)は血管成分が多く、四肢、体幹に多発し、触診で圧痛がある場合があります。 

腫瘍は皮膚とは癒着せず、下床と可動性は良好です。しかし、筋肉下に認めるものは、可動はよくありません。大きくなってから受診する患者様も多いため、MRIでの詳しい検査が必要になります。

特に急速に増殖傾向のあるものは悪性の可能性もあるため、エコーだけではなくMRIによる鑑別が必要になります。

日帰り手術を専門としている私としては、当日でたくさんの人を手術しているため、後頚部や肩甲骨部の場合には少し時間を取るようにしています。骨や硬い部分にある脂肪腫は周りとの癒着が強くなり、他の腫瘍との境目も分かりにくくなり、少し取りにくくなるからです。前額部も先ほど書いたように注意が必要になります。

血管脂肪腫の場合には腫瘍は非常に取りやすく、周囲を少し剥離するだけで切除出来ます。

今回は血管脂肪腫の動画を閲覧します。

苦手な方はここまでにしてください。

 

左大腿部の皮下腫瘍です。

エコーで血管脂肪腫を疑いました。

 

手術動画です。

血管脂肪腫は多発しやすく、疼痛があります。

この患者様は両足に確認できたもので8か所ありました。

今回はそのうち、左大腿部の血管脂肪腫を2か所切除しています。

創部は5-0吸収糸、6-0ナイロンで縫合しています。

腫瘍は少し硬く、塊として摘出されました。

切除後病理検査へ提出し、調べます。

一週間後抜糸を行います。

 

形成外科専門医

古林玄

2019.10.14

切開による粉瘤切除 ~大阪梅田形成外科粉瘤クリニック~

大阪梅田形成外科クリニックの古林玄です。

今日は耳介後面の粉瘤に対して切開手術を行いましたので症例を紹介します。

動画を載せますが苦手な方は再生しないようにして下さい。

エコーで確認し、嚢胞を確認しました。耳介後面の粉瘤です。

今回くり抜き法についても考えましたが、皮膚の薄い部分でこれだけ大きくなってしまうと、皮膚が拡張されすぎてしまい、皮膚を切除しないと皮膚のタワミが出来てしまうため、切開法を選択しました。ある程度の皮膚の拡張は置いておけば縮むため、くりぬき法でいけることがほとんどです。

切除動画を閲覧します。

苦手な方はご遠慮ください。

 

 

 

 

余分な皮膚を切除し、被膜ごと腫瘍を切除します。

腫瘍を一塊に切除し、創部を丁寧に縫合します。

皮下を吸収糸である5-0PDS、表皮を6-0ナイロンで縫合しています。

切除された粉瘤です。被膜ごと非常に綺麗に切除されています。

ここまで綺麗に切除すれば再発はまずありません。

抜糸は一週間後に行います。

一週間後のため、赤みや抜糸の痕は残りますが、3-6か月で綺麗な傷になります。

抜糸は一週間以上を過ぎると、糸の痕が残ってしまうため、くれぐれも注意してください。

時折、他院で『表皮を吸収される糸で縫ったからそのままでいい』と言われ、一か月以上も放置されている患者様を診ることがあります。吸収される糸も種類によりますが3-6か月も吸収されずに残る場合があります。皮下組織の縫合で使用される場合には大丈夫ですが、表皮縫合でそれを行うと、ガッツリ糸の痕が傷に残ります。これはもう消すことが出来ないので十分な注意が必要です。

 

形成外科専門医 

古林玄

大阪医科大学卒業後、日本一の乳房再建症例数のがん研有明病院で乳房再建を学び、聖路加国際病院で一般形成、美容外科の基礎を学ぶ。聖路加国際病院を出た後は眼と鼻の手術のスペシャリティーである大竹尚之先生の下で手術を学ぶ。

2019.10.11

くりぬき法による粉瘤の取り方 ~大阪梅田形成外科 粉瘤クリニック~

日帰り手術専門のクリニックとして大阪梅田形成外科粉瘤クリニックを開院しました。

今回は粉瘤の手術方法を紹介いたします。

 

人の体には様々な腫瘍ができます。その中でも皮膚は一番大きな臓器であり、良性から悪性まで様々な腫瘍が出来ます。

その中でも今回は粉瘤(アテローマ)の切除方法を紹介します。

切除の方法は主に切開法、くりぬき法があります。

切開法はその名の通り腫瘍直上に紡錘形のデザインを行い、メスで切開を行い腫瘍を摘出方法になります。

Step2

この場合だとどうしても切開範囲が大きくなります。

縫い方により傷の治り方はかなり違いますが、一度切ってしまった皮膚の傷がゼロになることはありません。

Step1

その中で粉瘤の摘出のために開発されたのがくりぬき法です。

Step2

まず第一に切開範囲が小さくなります。パンチで小さく皮膚をくりぬき中身の腫瘍を摘出します。

粉瘤の切除で大事なのはすべての被膜を切除することなので、当然手術の難易度は上がります。

被膜を残してしまった場合には再発するので細かい作業が必要になります。

何より視野が狭く、中身が暗いため、専用のヘッドライトが必需品になります。

Step5

術後は症例により縫合したり、軟膏処置だけで経過をみることがほとんどです。

小さなパンチで腫瘍を摘出した場合には創部は非常に綺麗に治ります。

今後は少しずつ症例を紹介していきたいと思います。

 

形成外科 専門医

古林玄

大阪医科大学卒業後、日本一の乳房再建症例数のがん研有明病院で乳房再建を学び、聖路加国際病院で一般形成、美容外科の基礎を学ぶ。聖路加国際病院を出た後は眼と鼻の手術のスペシャリティーである大竹尚之先生の下で手術を学ぶ。

2018.12.05

ブログ

こちらにてブログを投稿いたします。