ピコシュア

ピコシュアとは

ピコシュアとはPicoSure(ピコシュア)は、米国サイノシュア社が開発した世界初のピコ秒レーザーが搭載された医療機器です。「シミ」「シワ」「ニキビ跡」「タトゥー除去」の全ての分野で、唯一米国FDAの承認を受けています。米国FDAとは、食品や医薬品・医療機器の承認を行っている米国政府機関で、日本の厚生労働省のような役割を担う機関です。
医療用のレーザー機器は用途に応じたレーザー光を短い間隔で照射します。従来の機器はナノ(10億分の1)秒間隔での照射を行っていますが、ピコシュアはピコ(1兆分の1)秒間隔の照射が可能です。これによりピコシュアは従来のレーザー機器よりも効果が高く、ダウンタイムが少ない施術が可能になっています。

このような方に
おすすめ

  • 短い施術時間で高い効果を得たい
  • ダウンタイムを少なくしたい
  • これまでのシミ治療では思うような効果がなかった
  • 1回の施術で効果を実感できる美肌治療を受けたい
  • できるだけ短い期間で刺青を除去したい

ピコシュアの特徴

特徴01.低エネルギーで高い治療効果

ピコシュアのレーザーは755nmの波長を使用しています。1,064nmのピコレーザーと比較するとメラニン色素の吸光度が約3倍と高く、低エネルギーで治療効果の高い施術が可能となります。

特徴02.ピコ秒(1兆分の1秒)で色素を粉砕

ピコ秒(1兆分の1秒)という非常に短い間隔でレーザーを照射するので、熱作用による肌へのダメージがほとんどなく、衝撃波で色素を粉砕することが可能です。

特徴03.従来に比べ短時間・短期間の治療

衝撃波で色素粉砕が可能な従来の機器と比較して、ピコシュアはより細かく色素を破壊することができるので、治療にかかる時間や期間が短縮できます。

特徴04.炎症後色素沈着のリスクが抑えられます

従来のナノ秒レーザーは熱作用により炎症後色素沈着を起こす可能性がありましたが、ピコシュアは衝撃波で色素を破壊するため、熱作用による炎症後色素沈着のリスクが抑えられます。

特徴05.皮膚へのダメージを低減できます

従来のフラクショナルレーザーによる施術では、肌表面に点状の微細な穴をあけて肌再生を促すため、点状出血を起こすことがありました。ピコシュアのFOCUS照射(フラクショナル照射)は、肌表面ではなく肌の内部に空砲を作って肌再生を促すため、肌表面を傷つけることがなく点状出血のリスクを抑えた施術が可能です。

特徴06.安全性と効果が米国政府機関に認められた医療機器

後発のピコレーザー機器はいくつかありますが、ピコシュアは唯一「シミ」「シワ」「ニキビ跡」「タトゥー除去」という全ての分野で米国FDA承認を受けている機器であり、安全性とその効果が認められています。

ピコシュアの効果について

ピコトーニング

衝撃波で色素を破壊する作用により、シミや肌のくすみの改善に効果があります。熱作用による炎症後色素沈着のリスクが少なく、肌へのダメージを低減した治療が可能です。

ピコフラクショナル

肌表面を傷つけることなく肌内部に働きかけて、真皮のコラーゲン、エラスチンを増加させるFOCUS照射(フラクショナル照射)により、ニキビ跡や毛穴の開き、シワの改善といった肌の若返り効果が期待できます。

  1. ① 施術10分後:FOCUS照射によって肌の内部に空胞が形成されている状態です。
  2. ② 施術24時間後:真皮へのダメージはなく、メラニン色素のある表皮近くの皮下のみにダメージが生じます。
  3. ③ 施術24時間後以降:新しいコラーゲンやエラスチンが生成されはじめます。

ピコスポット

ピコシュアのレーザーはメラニン色素への吸光度が高い755nmの波長なので、シミ治療に高い効果が期待できます。

ピコプレミアム

ピコトーニング、ピコフラクショナル、ピコスポットを組み合わせた施術です。相乗効果によって、短時間で、高い効果が期待できます。

タトゥー除去・アートメイク除去

ピコシュアでは、従来のナノ秒レーザーに比べ、より小さな粒子の色素(インク)を破壊することができます。これにより、治療回数をより少なくすることができます。またピコシュアはマルチカラーに対応しているため、従来の機器では対応できなかった色も効果が期待できます。

施術の流れ

1、お悩みやご希望をお伺いして施術内容を決定します。

2、洗顔を行います。

3、施術を行う部分に麻酔クリームを塗布します。

4、ピコレーザーを照射していきます。施術時間は、治療内容により異なります。
【施術時間】
ピコトーニング約10分
ピコフラクショナル約10分
ピコトーニング+ピコフラクショナル約30分
ピコプレミアム約60分

5、照射した部分を冷やします。

リスク・副作用について

リスク・副作用について稀に、お肌に痛みや赤み、ほてりの症状が現れる場合がありますが、患部を冷やしていただくと症状が緩和されます。
シャワー・洗顔・お化粧は当日から可能ですが、入浴は翌日からとなります。施術当日は、しっかり保湿を行いましょう。