粉瘤(アテローム)の症例

※症例をこれからアップしていきます。

症例①

Before

症例の詳細 頸部の3㎝大の粉瘤です。3㎜パンチで切開しています。

After

症例の詳細 術後一か月の状態 傷が一番硬くなる時期です。1か月でも目立ちにくくなりますが、3か月から6か月で創部は柔らかく、更に目立ちにくくなります。

主なリスク:傷跡、ケロイド、内出血、疼痛、再発

症例②

Before

耳介後面の腫瘤です。くりぬき法で切除することもできますが、皮膚が余ってしまうため、皮膚の切除を兼ねて、切開法により摘出しています。

After

1週間後の抜糸です。創部はまだこれから綺麗になっていきます。

主なリスク:傷跡、ケロイド、内出血、疼痛、再発

症例③

Before

臀部の粉瘤です。非常に大きな腫瘍でしたが、くりぬき法によって摘出しています。

After

術後1か月です。傷はまだ硬いですが、徐々に柔らかくなります。

主なリスク:傷跡、ケロイド、内出血、疼痛、再発

 

症例④

Before

txt

After

txt

症例⑤

Before

txt

After

txt

症例⑥

Before

txt

After

txt