粉瘤(アテローム)とは

粉瘤(アテローム)の定義とは

粉瘤(アテローム)の定義とは袋状の組織が皮膚の下にできて、そこに垢や皮脂といった老廃物がたまったもので、アテロームや表皮嚢腫(ひょうひのうしゅ)と呼ばれることもある良性の腫瘍です。はじめはあまり目立たず、触れると小さなしこりがあるように感じます。この状態では特に問題はありませんが、粉瘤はサイズが大きくなったり、独特の臭いを生じるようになったり、細菌感染などにより炎症を起こすことがあります。炎症を起こして熱を持ち、化膿して強い痛みや腫れを生じた場合には、できるだけ早く膿を出す処置を行う必要になります。
ニキビだと勘違いされることがありますが、粉瘤はニキビと異なり自然治癒することはありません。ニキビは毛穴が詰まったものですが、粉瘤は袋状になった腫瘍で、袋状になった組織を完全に除去しない限り治すことができません。

粉瘤(アテローム)の原因

ヒトパピローマウイルスの感染や外傷などによって粉瘤ができたことが判明しているケースもありますが、それはごく一部であり、ほとんどの場合、原因がわかっていません。粉瘤ができるメカニズムは、皮膚の垢などの老廃物が何らかの原因によって皮膚の内側にたまってしまい、その周囲にある皮膚組織が老廃物を包み込むように発達して袋状になると考えられています。

粉瘤(アテローム)の症状

初期の粉瘤は見た目の変化がないため、触れにくい場所にいできた場合には気付かないケースがよくあります。しこりのようなものに触れた場合もニキビだと勘違いされることが多くなっています。粉瘤は中の老廃物が時間経過とともに増えていき徐々に大きくなっていくことがあるため、そこでニキビとは違うとわかります。
粉瘤は独特の臭気を発することがあり、細菌感染などを起こすと化膿して熱感や赤み、腫れ、痛みを起こします。

粉瘤による痛みについて

粉瘤が細菌に感染すると化膿して痛みを起こすことがあります。排膿処置と抗生物質によって炎症は解消できますが、粉瘤は薬物療法で治すことはできません。粉瘤の袋状の組織は残るため炎症を繰り返し起こす可能性があります。粉瘤を治療するためには、皮膚の下にある袋状の組織をきれいに除去する外科手術が必要です。
炎症が強くなると腫れが大きく広がってしまうことがあるため、痛みが現れたら早めに治療を受けるようおすすめしています。

炎症を引き起こすことも・・・

粉瘤は皮膚組織が袋状になったものですが、細菌などを排除するための免疫機能がなく細菌感染しやすい傾向があります。粉瘤には小さな穴が開いているので、そこから細菌が入り込むと感染して炎症を起こします。また、袋状の組織が壊れて老廃物が皮膚の内部に触れて炎症を起こすこともあります。炎症を起こした粉瘤は「炎症性粉瘤」と呼ばれます。しこりが気になって触れたり、ニキビと間違えて潰してしまうことから炎症を起こすケースが多いので、できるだけ触らないようにしてください。
炎症が起こると痛みや腫れ、赤み、熱感などの症状が起こります。進行して膿がたまると粉瘤の上にある皮膚がやわらかくなって、ちょっとした刺激で破れて悪臭のある膿が出てしまうことがあります。膿が出ずに腫れや傷みが激しくなった場合には、できるだけ早く膿を出す処置が必要になります。

粉瘤の治療

粉瘤は、外科的な手術でしか治すことはできません。潰して中身を出した場合、皮膚の中に袋状の囊腫が残るため、そこに再び老廃物がたまってしまい再発しやすい状態です。再発しないように完治させるためには、袋状の囊腫を外科手術できれいに切除することが不可欠です。


粉瘤の治療にかかる費用

粉瘤の治療にかかる費用粉瘤の治療費用は、できた部位や大きさによって変わり、露出部では5,000円~14,000円、非露出部で4,000円~13,000円が目安になります。
粉瘤の検査・診断・手術・病理検査といった一連の治療は健康保険が適用されますし、各種の公費もすべて適用されます。粉瘤に保険適用外の治療を行っている医療機関もありますので、治療を検討される際にはこうした点も事前にご確認ください。

梅田血管外科クリニック 皮膚科形成外科部門
口コミを見る 口コミを書く