脂肪腫(リポーマ)手術について

脂肪腫(リポーマ)手術の前に

他の疾患との鑑別のために、診察を行います。問診と視診や触診を行い、腫瘍のある部位や深さ、腫瘍の大きさによっては超音波検査(エコー検査)、CT検査、MRI検査といった画像検査も必要です。
検査の結果と適した治療方法についてくわしくご説明します。脂肪腫の治療は基本的に外科的な摘出手術ですから、麻酔などを含めた手術の内容やご注意いただく点などについてわかりやすくお伝えしています。最善の選択をしていただくためにも、当院ではこうしたインフォームドコンセントを重視しています。

日帰り手術に対応

当院では、脂肪腫の治療を入院の必要がない日帰り手術で行っています。なお、全身麻酔が必要なケースや悪性の脂肪肉腫の疑いがある場合などでは提携している大学病院などをご紹介して、スムーズに治療を受けていただけるようにしています。

手術時の痛みを大幅に軽減

手術時の痛みを大幅に軽減当院では痛みを最小限に抑えた手術を行っています。局所麻酔に関しても、極細の針を使用するなどきめ細かく配慮して痛みをできるだけ抑えています。
また、痛みが苦手な方には、よりご安心できる対応を個別に行うこともできますので、診察の際にご相談ください。

保険適用による手術

保険適用による手術当院では、脂肪腫の検査、診断、手術、病理検査などの治療をすべて健康保険適用で行っています。

手術後の傷跡を目立ちにくくするように心がけています

形成外科はできるだけきれいに治す手術を得意とする診療科です。当院では、形成外科専門医が、数多くの手術方法から最善の手法を選択して、細部にまで配慮しながら丁寧に手術を行っています。
手術前の診察でも専門医がくわしくご説明を行っています。日帰りでも手術となるとご不安を感じられると思いますので、気になることがありましたらなんでもご質問ください。

※一般社団法人日本形成外科学会認定専門医

手術後の注意点

手術後の注意点手術後は翌日くらいまで痛みが残る可能性があるため、痛み止めの内服薬を処方しています。ただし、当院ではできるだけ小さい傷で手術ができるよう心がけており、1㎝以下の小さい傷であればほとんど痛みのない手術になるよう努めています。
できるだけ早く、きれいに治すためには手術後の生活にも注意が必要です。血行を促進してしまうと出血するリスクが高くなるため、飲酒や運動は控えます。
アルコールを摂取すると明らかに傷の治りが悪くなるため、飲酒に関しては最低でも手術後3日間、できれば1週間後まで控えてください。
運動は、手術当日と翌日は行わないでください。また、もう少し控える期間を置く方が望ましい場合もあるのでご相談ください。
入浴は翌日からのシャワーが可能な場合もあります。
いずれにしても、手術した部位や大きさなどにより制限の内容や期間は変わってきますので、患者様の状態に合わせて医師がしっかりご説明しています。わからないことがありましたら、お気軽にご質問ください。