脂肪腫(リポーマ)の治療法

脂肪腫(リポーマ)の治療法

脂肪腫は自然になくなることはなく、液体ではないので中身を注射器で吸い出すこともできません。そのため治療には、外科手術による摘出が必要です。細胞が残ると再発する可能性があるため、手術では切開して薄い膜に包まれた脂肪腫をかたまりごと完全に切除します。ゆっくりと成長する良性腫瘍ですが、大きな脂肪腫にはまれに悪性のものがあるため、必要と判断されたら切除後に病理検査を行います。


手術について

腫瘍直上に切開を加え、腫瘍を摘出します。
再発率は低く、傷跡はできるだけ細かく縫合し、傷跡を小さくします。

手術の流れ

外来の予約をとっていただき、エコー検査を行います。エコー検査で診断がつかない場合や、大きい腫瘍の場合には他院でMRI検査をしていただく場合もあります。当日手術も可能ですが、診断がつかない場合には検査後に再度来院していただき、手術を行います。

Step1該当箇所へのマーキング

該当箇所へのマーキング肩に大きな脂肪腫(リポーマ)があることがわかります。手術前に、該当箇所にマーキングを施します。

Step2麻酔注射と切開

麻酔注射と切開麻酔の注射をし、できものの直上の皮膚に切開を加えます。麻酔が苦手な方のために、上述したように麻酔の痛みを軽減するために極細の針を用いるなどの工夫をしております。また、当院では、形成外科医や皮膚科医が、皮膚切開のデザインをできるだけ小さくするようこだわります。通常、切開はできものの3分の2くらいの長さになります。

Step3腫瘍の摘出

腫瘍の摘出腫瘍を摘出します。指とピンセットを臨機応変に扱いながら、優しく進めていきます。

Step4止血と縫合

止血と縫合できものを取り除いた部分は空洞になり血が溜まり易いので、しっかりを止血を行い、縫合を行います。そして、必要に応じ、ドレーンと呼ばれる管を入れ血が溜まらない様にします。ガーゼと伸縮テープで圧迫固定をして終了です。

Step5抜糸

抜糸抜糸をします。縫合方法によっては縫い合わせが露出しないようにすることも可能です。術後の治りを早めるべく、細い糸を使い的確に縫い合わせるなどの工夫も取り入れております。

Step6肌の再生

肌の再生通例ですと、1週間ほど経つと赤みも引き、段階的に肌が再生していきます。

当院での工夫

Point.1 できるだけ小さい傷での腫瘍の摘出

Point.2 局所麻酔の痛みを軽減するために極細針を使用

通常どの病院でも1%エピネフリン入りキシロカイン、0.5%エピネフリン入りキシロカインを用いておりますが、これらはpH3.5~5と酸性に偏っています。7%メイロンを混ぜpH7と中性に近づけることで、注入時の痛みを軽減します。