眼瞼下垂の治療法

当院の工夫

一人一人に合った眼の治療

一人一人に合った眼の治療局所麻酔の痛みを軽減するために極細針を使用。髪の毛よりも細い糸を使用し、丁寧な縫合をいたします。キレイな傷跡だけではなく、痛みを最小限にとどめるべく、治療を行います通常どの病院でも1%エピネフリン入りキシロカイン、0.5%エピネフリン入りキシロカインを用いておりますが、これらはpH3.5~5と酸性に偏っています。7%メイロンを混ぜpH7と中性に近づけることで、注入時の痛みを軽減します。

手術までの流れ

手術までの流れ医師により診察をさせて頂き、現在の眼の状況を診断させて頂きます。
適切な手術方法を選択の上、手術日を決めます。手術内容や空き次第で当日の日帰り手術も可能です。
手術後1~2週間はまぶたが腫れます。1週間で腫れは約80%引きます。術後1週間後に抜糸になります。 2週間ほどで腫れは大分引きますが、少し腫れた状態が続きます。一か月後に創部のCheckを行います。

挙筋腱膜前転法(または挙筋短縮法)
緩んだ筋肉の付着部を瞼板に縫合します。また余剰皮膚も同時に切除します。
眉下切開
緩んだ皮膚のみを眉毛下で切除します。
挙筋腱膜前転法+眉下切開
まぶただけで皮膚を取りすぎると非常に違和感のある眼になることがあります。その患者様に合わせて両方の手術をさせて頂く場合があります。
梅田血管外科クリニック 皮膚科形成外科部門
口コミを見る 口コミを書く