形成外科

形成外科とは

体の表面の異常や変形の治療、失った機能や体の一部を修復する診療科です。
機能や形態を損なわないように、単に治すのではなく手術後の傷跡をできるだけ目立たなくすることも重視されます。

形成外科で対応可能な疾患

外傷

けが、やけど、その手術後の傷跡、変形などをできるだけきれいに治す治療を行います。

  • 擦り傷、切り傷、やけど、しもやけの治療
  • 顔の骨折やそれによるゆがみの修復
  • 事故などによる皮膚のはがれの治療
  • ケロイドやひきつれがある傷跡の修復

腫瘍

主に体の表面にできた腫瘍を、機能や形態をできるだけ損ねないように治療します。

  • 腫瘍(皮膚のできもの)の治療
  • その手術後の傷跡や変形の修復
  • 手術で失われた組織の修復(乳がん手術後の乳房再建など)

表在性先天異常

生まれつき体にあるあざなど、体の表面の形や色の異常に関しては、全て形成外科が治療を行います。

  • 赤あざ、青あざ、黒あざなど、生まれつきある全てのあざ
  • 耳、口、鼻、まぶた、へそ、性器、手指などに現れる形や色に係わるさまざまな病気

形成外科の治療で傷をきれいに治せる理由

皮膚や傷の治り方に関する広範で深い知識、高度な技術、縫合素材など特殊な材料や機器など、傷をきれいに治すための専門的に特化した治療を行っているため、治療後もきれいな仕上がりとなります。

傷痕を消したい・なくしたい方へ

けがややけど、手術後に瘢痕(傷跡)ができてしまった場合、完全に消すことはできませんが、形成外科ではその瘢痕をできるだけ目立たなくすることができます。皮膚にある程度までダメージがある場合、医学的にみて瘢痕を全く残さないで治療することはできません。
ただし、「よく見ないとわからない」「角度や血行などによってわかることもある」状態などにすることはある程度可能です。瘢痕の程度や場所、皮膚の状態などによっても変わってきますので、まずはご相談ください。

形成外科と美容整形

形成外科は、けがやできものなどによって機能や形態に問題を生じている、あるいは生まれつき異常がある場合に、できるだけ正常な状態にすることを目的に治療する診療科です。美容整形・美容外科は、特に問題のない部分をより美しくするために形成外科的な治療を行うもので、形成外科の中の1カテゴリーと捉えることができます。

当院では自費の美容外科の治療は行っていません

当院では、基本的に保険診療の形成外科治療を行っているため、自費診療となる美容外科は行っていません。
ただし、他院で受けた美容外科手術の後遺症に関する治療は行っています。傷跡やゆがみなどでお悩みの場合にはご相談ください。

形成外科は整形外科とは全く違う診療科です

整形外科は動作などに支障を起こす、骨・関節・筋肉などの運動器に起こる病気を治療する診療科です。整形外科の診療では、歩く・座るなどの動作をできるだけ痛みなく、スムーズにできることを目標に治療します。整形外科で診療する代表的な症状には、四十肩・五十肩、腰痛、膝痛などがあります。