ほくろ

ほくろについて

形や色、膨らみの有無など見た目もさまざまですが、悪性かどうかを知ることがまずは重要です。特に、急にできた・大きくなった・形状や色が変わったほくろの場合は皮膚がんの可能性があるため注意が必要です。見た目が気になる以外でも、こうした症状がありましたらまずはご相談ください。

こんな症状はありませんか?

  • 今までなかったシミやほくろが急にできた
  • もともとあったシミやほくろが急に大きくなってきた
  • シミやほくろの色や形が変わってきた
  • ほくろの色が濃い
  • ほくろの形状がいびつ
  • ほくろの周囲に色がにじむように染み出している

上記のようなことに気付いたら、できるだけ早く受診してください。

ほくろの診療

患者様からうかがうお話は、ほくろの診療でとても重要になります。そのため、当院では患者様からじっくりお話をうかがっています。 問診後に検査を行い、悪性の疑いがある場合やリスクが高いと判断される場合には、手術で切除して組織の病理検査を行って確定診断します。治療は健康保険が適用されます。

ほくろの治療

治療ではきれいな仕上がりが重視されるため、状態に合わせた適切な治療法をご提案しています。 ほくろは、ほとんどが皮膚の深い部分のメラニン色素によってできています。そのため、盛り上がったほくろを含め、ほとんどのケースではレーザーによって組織を蒸散させる治療が有効です。
ただし、ほくろ除去で行うレーザー治療は、数ヶ月おきに複数回受けていただくことで十分な効果が現れます。 皮膚の深い層まで色素が存在する場合、通常のレーザーに加え、メラニン色素をターゲットにしたQスイッチレーザーを併用することでくぼみを作らずになめらかな仕上がりを期待できます。
ほくろの色が薄く平坦な場合には、より皮膚への負担を抑えられるQスイッチレーザー単体の使用による治療も可能です。この場合、術後の傷の保護も短期間ですみます。
重要なのは、ほくろや皮膚の状態だけでなく、患者様のご希望をしっかりうかがって最適な治療を行うことだと当院では考えています。気になること、お悩みなど、どんなことでもご質問ください。

梅田血管外科クリニック 皮膚科形成外科部門
口コミを見る 口コミを書く