粉瘤とイボの違い、その他のおできについて

見た目が粉瘤と似ている皮膚の疾患

見た目が粉瘤と似ている皮膚の疾患粉瘤はイボやおできに症状が似ていることもありますが、治療法が大きく異なるためその違いを知っておくことで、より早く適切な治療を受けられます。粉瘤という病気自体が一般的にはまだよく知られていないため、まず粉瘤についてご説明し、それからイボやおできなどとの違いについてお伝えしていきます。

粉瘤について

粉瘤について粉瘤(ふんりゅう)は、皮膚の下に袋状の組織ができてその中に垢や皮脂などの老廃物がたまる良性腫瘍です。原因はほとんどの場合、不明です。

粉瘤の症状と治療法

初期症状としては、触れた時に感じる小さなしこりです。進行すると中の老廃物が増えて大きくなることがあり、圧迫されて内容物が出てくると独特の悪臭を生じることもあります。細菌感染や、中の袋状のものが破れて老廃物が皮膚内部に広がると炎症を起こし、赤く腫れて痛みを起こします。炎症を起こした粉瘤は、炎症性粉瘤、化膿性粉瘤と呼ばれます。炎症を起こすと内容物が外に出ていなくても悪臭を発することがあります。
内容物を取り出しても袋状のものが残っていると再発を繰り返すため、自然治癒することはありません。根治のためには外科的な切除が必要です。また、炎症が強い場合には抗生物質などにより炎症を鎮め、後日手術を行うことでより小さな傷痕に抑えることが可能です。

イボについて

イボは医学的には「疣贅(ゆうぜい)」と呼ばれており、尋常性疣贅、老人性疣贅、伝染性軟属腫、扁平疣贅、尖圭コンジローマなど、さまざまな種類に分けられます。健康な人でも発症する可能性がある皮膚疾患であり、ウイルス感染などが原因としてあげられます。

イボができる原因

ウイルス感染によって起こることがほとんどであり、ヒトパピローマウイルス」(別名:ヒト乳頭腫ウイルス)の感染が特に多いとされています。ウイルスが小さな傷から皮膚に入って感染し、発症します。ただし、イボの原因ウイルスは100種類以上あるとされています。

イボの症状

尋常性疣贅

手足の指や足の裏に平らで小さい丘疹(きゅうしん)ができるのが初期症状です。サイズはほとんどが数㎜程度であり、まれにできる大きなものでも2㎝程度です。動作によりすれやすい場所にできた場合、角化して石灰色になり、大きくなってザラついた感触に変わることがあります。痛みなどはありませんが、かゆみが出ることがまれにあります。

足底疣贅

足の裏にできるため、体重がかかると圧迫されて平らになっていきます。周辺の皮膚が硬く・分厚くなり、表面がザラザラします。色は白や黄色っぽいことが多く、サイズは数㎜から3㎝程度であり、ウオノメやタコに似ています。体重のかかり方で神経を圧迫して痛みを感じることはありますが、触れることで痛むことはありません。タコだと思って表面を削ってしまうと出血する可能性がありますので注意が必要です。

イボの治療

「液体窒素治療」と「イボ剥ぎ法」が健康保険適用で受けることができる治療法です。

液体窒素治療

マイナス200度のスプレーを患部に吹きかけ、ウイルスに侵された細胞を直接破壊します。また、免疫を賦活させるため、ウイルスの駆逐を期待できます。治療に痛みがあり、また治りにくいため根気が必要な治療法です。

イボ剥ぎ法

局所麻酔を行った上で外科的にイボを切除する手術を行います。1回で完治できる確率が高く、形成外科の手術を受けることでよりきれいに治すことが可能です。

粉瘤とイボの違い

イボと粉瘤は似た症状が現れることもありますが、治療法が異なります。ただしどちらも形成外科の日帰り手術でよりきれいに治すことが可能です。判断がつかない場合には、お気軽にご相談ください。

おでき、癤(せつ)について

一般的には「おでき」と呼ばれるできものも粉瘤と似て見える場合があります。おできは「癤(せつ)」と呼ばれる皮膚の感染症です。原因となる黄色ブドウ球菌が毛包という毛穴の内部や皮脂腺、その周囲から感染して発症します。顔にできたものは面疔と呼ばれることもあります。

おできができる原因

癤(せつ)は黄色ブドウ球菌の感染によって発症しますが、黄色ブドウ球菌は皮膚に生息している常在菌です。通常は外部の細菌が中に侵入するのを防ぎ、増殖を抑えていますが、風邪や睡眠不足などによって免疫力が落ちると感染が起こり、おできである癤(せつ)ができてしまいます。
癤(せつ)は真皮層から皮下組織層という皮膚の深部に炎症を起こしている状態ですから、「結節(けっせつ)」や「硬結(こうけつ)」といったしこりのような症状を初期から現します。

おできの症状

最初から腫れに厚みがあってしこりのような感触があります。ニキビとの違いは、おでき(癤)の場合、初期からしこりのような厚みがあること、そしてなかなか治らないことがあげられます。
腫れができて3~5日経過すると、ほとんどの場合、中心から膿が出てきます。炎症が強い場合にはこの膿の量も増え、悪化すると数ヶ所からにじむように出てくるケースもあります。痛みや熱感なども起こりやすく、膿が多い場合は迅速に排膿処置を行う必要があります。

粉瘤とおできの違い

しこりのようなものが触れるという初期症状に関しては、おできと粉瘤が似ていると言えますが、おできの場合には痛みが早い段階で起こるため比較的区別しやすいと言えます。
治療に関して、粉瘤は外科的な手術でなければ根治できませんが、おできは薬物療法などで治すことも可能です。ただし悪化したおできの場合には排膿処置など外科的な処置が必要になるケースもあります。
おできの場合も外科的な処置が必要になるケースもありますので、粉瘤とおできと判断に迷う場合には、よりきれいに治すことができる形成外科の受診をおすすめしています。

梅田血管外科クリニック 皮膚科形成外科部門
口コミを見る 口コミを書く