粉瘤の発生原因について

粉瘤が発症する原因

粉瘤が発症する原因粉瘤は皮膚の下に袋状のものができて、そこに垢や皮脂などの老廃物がたまった良性腫瘍です。どうしてたまってしまうかについては、まだよくわかっていません。
ヒトパピローマウイルスの感染や皮膚にできた外傷など、原因がはっきりわかることもありますが、こうしたケースはまれで、ほとんどは原因が明らかになりません。
体質的に粉瘤ができやすい方もありますし、複数の粉瘤ができるケースもあります。放置するとどんどん大きくなってしまったり、独特な臭気を発するようになったり、細菌感染などにより炎症を起こすことがあります。サイズが大きくなるときれいに治すことが困難になるため、できるだけ早い段階で受診することをおすすめしています。

炎症を起こす理由

粉瘤は炎症を起こして赤く腫れ、痛みを起こすことがあります。これまで、炎症は主に細菌感染が原因で起きているとされていましたが、そうではない理由で炎症が起こるケースがアメリカで報告されています。
粉瘤は皮膚の下に袋状の嚢胞ができて、中に老廃物がたまった良性腫瘍ですが、圧力によってこの嚢胞がつぶれて老廃物が皮膚内部に広がり、それによって炎症反応が起こっているというものです。そして、このタイプの炎症は細菌感染で起こるものよりも多いことがわかってきています。
細菌感染による炎症ではない場合、抗生物質を使っても思うような効果は現れません。そのため、こうした場合には速やかな手術が必要になります。ただし、細菌感染が合併することも考えられるため、抗生物質の処方を行うこともあります。

粉瘤はできるだけ早く摘出手術を

粉瘤は発症の原因がわからないことが多いのですが、良性の腫瘍です。皮膚にできる良性腫瘍では、ニキビ、おできに並んでよくある疾患です。ただし、ニキビやおできなど他の良性腫瘍と大きく異なるのは、手術でしか根治できないという点です。放置してもよくなりませんし、無理に潰すと炎症リスクが上がってしまいます。大きくなってしまうときれいに治すことが困難になりますし、独特の臭気を発するようになることも珍しくありません。
皮膚にしこりのようなものが触れたら、それ以上触らずにできるだけ早くご相談にいらしてください。

梅田血管外科クリニック 皮膚科形成外科部門
口コミを見る 口コミを書く