粉瘤と尋常性痤瘡(ニキビ)の違い

粉瘤とニキビの違いとは?

粉瘤とニキビの違いとは?初期の粉瘤は触れると小さなしこりがあるように感じられますが、見た目の変化はほとんどありません。この時点ではあまり自覚されることがないのですが、炎症が起きて赤く腫れてくるとニキビだと勘違いされることがあります。
ただし、ニキビと粉瘤は医学的に全く異なる疾患です。原因、治療方法、症状、好発部位を知ることで、適切な対応を取れるようにしましょう。

ニキビの特徴

ニキビができる原因は、毛穴の奥にある皮脂腺からの皮脂分泌の亢進や毛穴の詰まりです。これにより毛穴が感染を起こして赤く腫れます。

皮脂が毛穴にたまる

皮脂腺から分泌される皮脂が過剰であったり、排出がスムーズでないと毛穴に皮脂がたまります。

毛穴が黒っぽくなる

毛穴にたまった皮脂が酸化して、毛穴が黒っぽくなります。

毛穴が炎症を起こす

毛穴が炎症を起こして、赤くなる、痛みを起こす、膿がたまるなどの症状を現します

皮脂が毛穴に詰まった時に、肌の常在菌であるアクネ菌が炎症を起こします。アクネ菌は嫌気性という酸素を嫌う細菌で、皮脂腺の奥という酸素に触れない場所に生息しています。毛穴に皮脂が詰まると酸素に触れない環境が広がるため、アクネ菌が皮脂を栄養分に増殖して炎症を起こします。
ニキビは皮脂腺がある毛穴であればどこにでもできる可能性がありますが、特にできやすいのは皮脂腺が多い部分です。顔では額・鼻・顎の毛穴に皮脂腺が多く、これらをまとめてTゾーンと呼ばれています。

粉瘤の特徴

粉瘤は皮膚の下に袋状のものができて老廃物がたまった腫瘍ですから、毛穴以外の場所にもできます。炎症を起こすと赤く腫れてニキビだと勘違いされることがよくありますが、全く異なる病気です。
粉瘤は、中に入っている老廃物が増えていくことで大きくなりやすく、中には数10㎝にまで巨大化することがあります。ある程度大きくなったものはニキビではないことがはっきりわかります。
ニキビが毛穴の感染であるのに対して、粉瘤は皮下に嚢腫(粉瘤の袋)が出来てしまう皮下腫瘍であり、全く異なります。また、ニキビは毛穴の詰まりとアクネ菌の増殖が原因だとわかっていますが、粉瘤ははっきりとした原因がほとんどの場合わかりません。ヒトパピローマ(乳頭腫)ウイルスの感染や外傷が原因であるとわかることもありますが、これはまれなケースです。また、粉瘤ができやすい体質があることもわかっています。
粉瘤は皮膚のどこにでもできる可能性があり、特に顔や背中に発生しやすい傾向があります。

粉瘤とニキビを見分けるポイント

ポイント1:できもの表面の黒い点

粉瘤には「へそ」と呼ばれる開口部ができることがあります。皮膚の上の黒い点であり、これは開口部を塞いだ皮脂が酸化して黒く見えています。ニキビでも黒い点が確認できることがありますので、この段階では見分けがつかないケースも多くなっています。

ポイント2:サイズ

粉瘤はニキビと違い、10㎝やそれ以上に巨大化することがあります。ニキビが大きくなることはないため、大きくなった粉瘤は簡単にニキビと見分けることができます。

ポイント3:悪臭がある内容物

粉瘤は老廃物がたまったものですから、圧迫されて内容物が出てくることがあり、独特の強い臭気を発することがあります。炎症を起こすと特に触れなくても悪臭を生じることもあります。この臭いはニキビでは生じませんので、見分ける大きなポイントになります。ただし、無理に潰してしまうと炎症につながりますので、触れずに受診して治療を受けてください。

粉瘤とニキビは治療法が異なります

ニキビは内服薬と外用薬やレーザーなどの保存療法で治すことができます。粉瘤は嚢腫という中の袋を外科手術できれいに除去しないと根治できません。ニキビだと思って市販の薬剤や化粧品でケアを続けて悪化させてしまうケースもありますので、治りにくいニキビがあるようでしたら粉瘤の可能性がありますので受診をおすすめします。
粉瘤で受診する場合、皮膚科・形成外科のどちらでも治療は可能ですが、きれいに治すという点では形成外科での治療が適しています。その際には、日本形成外科学会が認定する「形成外科専門医」が治療を行っているかどうかを確かめることも重要です。