粉瘤とほくろの違い

粉瘤とほくろについて

粉瘤は小さな開口部が皮膚上にできることがあり、ここにたまった皮脂が空気に触れて酸化することで黒く見え、ほくろに間違われることがあります。粉瘤は放置していると炎症を起こすリスクがあるため、早めの治療が望ましい疾患です。また、新たにできて大きくなっていくほくろの場合、悪性の可能性がゼロではないため、できるだけ早く医療機関を受診するようにしてください。

粉瘤の原因

粉瘤は、皮膚の下にある袋状の組織に垢や皮脂などの老廃物がたまる良性腫瘍です。発症の原因は一部がヒトパピローマウイルスの感染や外傷などと判明することがありますが、ほとんどの場合は不明です。

ほくろの原因

ほくろは良性の母斑細胞(ほくろ細胞)が集まったもので、医学的には色素性母斑(しきそせいぼはん)と呼ばれています。
ほくろができる原因は、主に紫外線の影響であり、肌への刺激やストレス、疲労なども関連しているとされています。ほくろが黒く見えるのは、メラニン色素を形成するメラノサイトという色素細胞が過剰に活性化してメラニンを作り過ぎてしまうことが原因です。メラニンは紫外線から肌を守るための機能を担っており、皮膚の色を決定する物質ですが、体外への排出が何らかの原因でうまく行われなくなると、そこにほくろが形成されます。

粉瘤とほくろを見分けるポイント

粉瘤とほくろは全く異なるものですが、小さく黒い点があるという状態の場合、一般の方では判断がつかないことがあります。ほくろには悪性のものもありますので、で疑わしいものに気付いたらきるだけ早く受診してください。

ポイント1:黒い点

初期の粉瘤は皮膚の開口部に皮脂がたまって、それが空気で酸化して黒い点に見えることがあります。ほくろには開口部がなく、色素細胞が集まっています。

ポイント2:炎症の有無

粉瘤は袋状の組織に老廃物がたまったものですから、中の老廃物が増えると粉瘤のサイズが大きくなります。また、粉瘤では炎症を起こすことがあります。ほくろは紫外線などの刺激を受けることで大きくなるケースはありますが、炎症を起こすことはないため、炎症を起こしたら粉瘤の疑いが強いと言えます。
ただし、ほくろで急激に大きくなった場合には、「悪性黒色腫」の可能性がありますので、急にほくろができたり、大きくなってくるようでしたら速やかに医療機関の受診が必要です。

ポイント3:悪臭

粉瘤は中に老廃物が詰まっているため、独特の悪臭を発することがあります。通常は圧迫などによってドロドロした内容物が出てきて臭いを生じますが、炎症を起こしている場合、触れなくても悪臭を生じさせることがあります。ほくろが内容物を生じさせたり、悪臭を発することはありませんので臭いは見分けるための有効なポイントになります。

粉瘤とほくろ、判断に迷ったら

  • 大きくなってきた
  • 独特の臭いがある
  • 赤みや痛みが現れた

ほくろだと思って放置していたできものが上記のような症状を現し始めたら粉瘤である可能性があります。
サイズが大きくなってきた場合、悪性腫瘍の可能性もゼロではありませんから、できるだけ早めに受診するようにしてください。
粉瘤の場合には、皮膚科でも治療を受けられますが形成外科であれば、よりきれいに早く治せる可能性が高くなります。悪性かどうかの検査も形成外科で受けられますので、安心していらしてください。また、形成外科を受診される際には、日本形成外科学会が認定する「形成外科専門医」が診療や手術を行っているかどうかを必ず確認するようおすすめしています。