粉瘤治療は何科でかかるべき?

形成外科で診るという選択

形成外科で診るという選択粉瘤(アテローム)は皮膚の下にできる良性の腫瘍です。袋状の組織に垢や皮脂などの老廃物がたまったもので、放置すると大きくなったり、独特の臭気を発するようになったり、細菌感染などによって炎症を起こすことがあります。中の老廃物や膿を出しても袋状の組織が残ったままでは再発を繰り返しやすいため、根治には外科手術が必要です。外科手術といっても局所麻酔で行うことができ、入院の必要はなく外来で受けられます。
皮膚のできものですから皮膚科で治療を受けることが一般的ですが、手術の傷をできるだけ残さずにきれいに治すことを考慮するのであれば、形成外科での治療がおすすめできます。

形成外科の特徴とは

形成外科は、傷や変形をただ修復するだけでなく「きれいに治す」ための専門的な知識や技術を持って治療に当たる診療科です。眼科や循環器科、消化器科など身体の部位や臓器別の診療科ではなく、形成外科は外科系の専門領域です。
形成外科では、『身体に生じた組織の異常や変形、欠損、あるいは整容的な不満足に対して、あらゆる手法や特殊な技術を駆使して機能のみならず形態的にもより正常に、より美しくすること』を診療の目的としており、きれいに治すことで患者様の生活の質 “Quality of Life” の向上に貢献します。

形成外科で扱う領域

形成外科では、外傷(ケガややけど、顔面骨折など)、腫瘍(あざ、皮膚潰瘍、良性腫瘍)、がんの切除と再建、先天異常、美容医療といった領域で適切な診療を行っています。

外傷

顔面や手指など、繊細な機能を持っており、きれいに治すことが特に求められる部位を中心にしたケガややけどの治療を行います。植皮手術が必要になる深いやけどや顔面骨折の治療も行います。

腫瘍

皮膚や皮下の腫瘍を中心に扱います。母斑などのあざは先天異常のひとつですが、これも良性腫瘍に含まれます。

がんの切除と再建

悪性腫瘍の切除と、再建を行います。乳房再建では、がん手術時に行う一次再建と、手術後に改めげ行う二次再建手術が行われています。

先天異常

生まれつき体表の形に異常がある場合を対象としています。頭や顔、耳の変形、唇裂・口蓋裂などの治療を行います。

美容医療

いわゆる美容整形で、美容を目的に行います。

皮膚科と形成外科の選び方

皮膚科と形成外科のどちらを受診するかで迷う場合、よりご自分に適した判断をするために、それぞれの特徴を知ることが重要です。

診療科 メリット デメリット
皮膚科 皮膚疾患全般の知識が深い 手術経験が少ない可能性がある
形成外科 手術による傷跡を目立たなくすることができる 粉瘤ではない場合、改めて皮膚科受診の必要が出てくる可能性がある

何を重要視して診療科を選ぶか

何を重要視して診療科を選ぶか皮膚科と形成外科のメリットやデメリットを考慮した場合、粉瘤かニキビかを知りたいケースや、傷跡が多少残ってもあまり気にならない場合には皮膚科への受診が適しています。また、粉瘤ではなく、薬物療法などで治癒が見込める場合には皮膚科ではよりスムーズに治療を受けられる可能性が高いと言えます。
一方、できるだけきれいに治したい、日帰りで手術を受けたい場合には形成外科への受診が適しています。特に目立つ部分に粉瘤がある場合には、形成外科受診をおすすめしています。

形成外科を選ぶポイント

形成外科を選ぶポイント形成外科は特殊で繊細な数々の手技や深い知識が必要な専門診療科です。そこで、形成外科を選ぶポイントでは、日本形成外科学会認定形成外科専門医が手術を行っているかどうかが最も重要です。
形成外科専門医は、医師の資格を有した上で2年間の形成外科初期臨床研修を終了し、その後、形成外科領域すべてで定められた研修カリキュラムを4年以上の専門医研修において修め、資格試験に合格して認定されます。専門医であるということは、形成外科学会という専門医集団に知識と技術を認められているということなのです。

粉瘤治療に力を入れている形成外科クリニック

形成外科でも外傷の治療経験が豊富なクリニックもあれば、乳房再建を得意としているクリニックもあります。粉瘤の手術を受ける場合には、粉瘤治療の経験が豊富な形成外科専門医のいるクリニックを受診することが重要です。
当院では数多くの粉瘤治療を行ってきた形成外科専門医が手術を担当しております。できるだけ傷跡を目立たないようにしたい、痛みが最小限の治療をしてほしいという方には、ぜひご相談いただきたいと考えています。

粉瘤治療経験が多い形成外科専門医による手術

正確な診断

当院では、摘出したものの生検を行って、正確に診断しています。そのため、イボやほくろなど類似の疾患鑑別が可能ですから、「粉瘤かどうかわからない」場合でも安心して手術を受けていただけます。また、悪性の可能性が高い場合や全身麻酔を必要とするケースでは、連携している大学病院などをご紹介してスムーズに治療を受けられるようにしています。

健康保険適用で経済的にも安心

当院では、粉瘤の検査から診断、手術など一連の治療をすべて健康保険適用で行っています。また民間の医療保険に加入している場合には、契約内容などによって手術給付金が受けられることもあります。事前に契約している保険会社にお問い合わせください。

日帰り手術が可能なので、時間的な負担も軽減

ほとんどの粉瘤の場合、入院が不要な日帰り手術が可能です。手術自体も短時間ですみますし、お身体への負担も少なく、お忙しい方でも手術を受けられます。また、手術は完全予約制ですから、長くお待たせすることもありません。

梅田血管外科クリニック 皮膚科形成外科部門
口コミを見る 口コミを書く